フラット35の金利推移を確認!【過去にない低さの金利】

利息の負担はどのくらい

貯金箱

利息は上限がある

キャッシングを利用する時に重要なのは金利です。金利は利息制限法にて元金に応じて年利15%・18%・20%までの上限が定められています。この金利上限を超える利息は無効となるので、すでに支払っている利息はキャッシング会社に請求すれば返還してもらうこともできます。よって、いかなる場合でも年利20%を超える金利での貸付を受けることはありません。金利は低い方が利息負担も少なくなりますが、キャッシングでは利息制限法の最大年利で貸付をしているケースが多いので確認しておきましょう。利息の計算式は「元金残高×年利÷365×借入日数」です。金利と利息は比例しますが、返済期間によっても変わるので、金利が高めのキャッシングではいかに早く返済するかが利息を抑える鍵となります。例えば、年利20%で5万円を借りて翌返済日(30日間)に返した場合の利息は821円ですが、これを2万5千円ずつ2ヶ月かけて返した場合の利息は1231円になります。よって、返済期間が短いほど利息は最小限で済ませることができます。そもそもキャッシングは少額を借りて生活上の資金の足しにする程度の利用目的が勧一般的なので、長期返済になるような借り方は勧められていません。キャッシングは便利ですが、借り方次第では返済できなくて生活が苦しいなんてことにもなり兼ねないので、計画性を持つことは大切です。正しく利用して、正しく返済していくようにしましょう。

Copyright© 2018 フラット35の金利推移を確認!【過去にない低さの金利】 All Rights Reserved.